賢者ドラのDQ日記
呪文好きなドラがスライムベスと一緒に参ります!へへっ呪文でつぶしたろか!
勝率アップ!?僧侶でのコロシアム!
↓にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ
↓ゲームブログランキング
ドラゴンクエスト10オンライン・攻略ブログ
↓人気ブログランキング


そしてTwitter



ハイ!更新全くない中いつも見てくださってありがとーございますッ!


でね!何か書こう!

うん・・・その気持ちは大事だったよ・・・


というコトでけっこう前なんですが、コロシアム行ってきたので、それの攻略系記事をドドンッと買いちゃいます!


まずは賢者ドラだけど本職の僧侶ね!
あ、因みになんですが、紹介するのは僧侶、魔法使い、賢者、スーパースターの4つだけです!
他の前衛っぽいのは全くできませんからねw


で!初回!僧侶!


まぁまずはコロシアムの前に、どんな感じの職業なのかをね、ちょっとイメージしてほしいですよ
イメージ大事ね!イメージ!


イメージとしては・・・ 回復役、だけど棍ヤリ持って前衛もできる・・・だけど一般的に回復役・・・というイメージ
分かりませんね(笑)

じゃあなぜ回復役なのか!
僧侶の場合は呪文や特技を見れば一発ですよね!

べホイミ、ベホマラー、キアリー、ザオラル、天使、聖女、祈り

完璧な回復役

そうです、それであっているんです!

しかし、僧侶でもたまには補助とかも完璧で暇な時とかありますよね?
そういう時は棍やヤリ持って突っ込む場面なんてあり得ます


要するに僧侶とは前衛もできるが、基本は回復役なんです!


ココまではよろしいでしょうか?



さて次はコロシアム

通常の戦闘だと敵という名のモンスターは行動時間が長いタメ、比較的余裕が持てますが・・・

コロシアムの相手は自分達と同じプレイヤー!
自分達と同じ感覚で行動します


逆にそれほど早いスピードで行動されてしまいます


そんな僧侶に棍やヤリを持つ暇はあるんでしょうか?

答えは当然NOです

僧侶は終始スティック+盾が絶対的に好まれます

・・・というコトはそのスキルもとっておく必要がありますね~

どうせ使わんやろ!とか言わずに100まで取ってくださいよ!?

信仰心→聖なる祈り
スティック→キラキラポーン
盾→会心完全ガード

ココまでは最低限取って下さい



さてココからなんですが、さぁバトルがスタートしました!

・・・じゃなくて確認しておくコトが1点あります

コロシアムのポイントはどうしたら上がるんでしたっけ?

敵を倒す・・・うん、それもそうですけど、他にもありますよね?


それは味方を蘇生するです!

味方が死んでウンポイント減った!
しかしそこで蘇生するコトができれば、そのウンポイントは帰ってきます!戻ってくるんです!

しかも復活した味方は20秒間無敵です

蘇生とはもう大逆転のチャンスなのです!





・・・という前置きを踏まえておいてください


ではいよいよコロシアムのスタートです!

敵が現れました!さぁどうする!?

天使?祈り?聖女?スクルト?

天使→すぐに敵が襲ってくるわけではないので開幕にする必要はないです
祈り→すぐに攻撃されないので大丈夫です
聖女→すぐに攻撃されないので大丈夫です
スクルト→すぐに攻撃されないので大丈夫です


あれ?みんな大丈夫じゃん!じゃあ棍持って突っ込m・・・

ちょっとそこでそこでスクルトを考えてみましょうか

スクルトは守備力を上げますよね

1段階?いいえ、2段階です!

2段階するコトによって僧侶がタイガーに耐えれたり、パラディンが物理で死ななくなります
また武闘家などの強化にも適しています

天使、祈り、聖女は1回で済みますが、スクルトは2回もいります
つまり時間がかかるんですね、スクルトって

要するに、開幕はスクルトがイイんですよ!

祈りなんですが、後ででてくる理由により重要度は低いです(もうフラグとして出てきてますよ!)

天使は攻撃をくらう前にかければいいのでOK!

んで・・・コロシアムは通常より補助関係の切れる時間が短いですよね?

天使は1度したら基本死ぬまで続きます

聖女、祈りはしてもすぐ消えます

つまり、天使は早めにしておいた方がイイんです!


そこでドラはスクルト2→天使といきます


さてそろそろ敵が襲ってきます
さぁどうしましょう!?

相手のテンション100武闘家が!魔法使いの覚醒マヒャドが!

味方いっぱい死にますし、いっぱいダメージくらいます


さてココでどうすばイイでしょうか・・・?


通常ですと、生きてる人の回復を優先すべき!いつかの記事でもそう書いたと思います

要するに、蘇生してる間に味方が倒されたら同じコトだからです


でもコロシアムだと・・・

すぐに殺されてしまいますよね

ポイントはどんどん減っていく・・・



ココでさっきの前置きが出てくるのです!

前置きは「蘇生せよ!」というコト

つまり、味方の回復よりも蘇生を優先すべしというコトなんです!


コロシアムには死んでから20秒で復活します

しかしポイントは減ったままです

その20秒以内で蘇生できればポイントは戻ってくるんです!


つまり、生きてる人の回復をして死人をそのままほったらかしてポイントが減ったままにするくらいなら、さっさと蘇生してポイントを取り戻した方が断然イイんです!


敵Xのマヒャド!
味方Aは死んでしまった
味方Bは死んでしまった
味方Cは大ダメージ
僧侶は大ダメージ

ココでベホマラーなんて唱えてたら、また 武闘家のタイガークローでしたり、レンジャーのデュアルカッターでしたり、やられます
そして全滅するんです

ココで蘇生をします
HPが半分くらいで復活します
またやられます
蘇生をします




要するに、死ぬ→ポイント減→蘇生→復活→ポイント増→死ぬ→ポイント減→・・・

ポイントは減った分だけ戻ってきます

つまり、味方を20秒以内に蘇生できればポイントは絶対に減らないんです!

回復をするというコトは仲間の蘇生をしないというコトですので、ポイントは戻ってきません


つまり、絶対に味方を蘇生するのが優先なんです!


いいですか?

絶対に蘇生を優先してください!

ココが1番の大穴ですよ!

後は逃げたり蘇生を繰り返したりするだけでOKです


運良く敵が全滅した場合は味方の回復(主にベホマラー)、スクルト×2、聖女などをしてあげてくださいね!


逆にゴールドフィンガーや零の洗礼などされて天使が消された場合はすぐに天使し直して下さい!
天使で死んだ場合もすぐ復活(=蘇生)しますから、ポイントは戻ってくるんですよ!





それと続いて逃げ方テク!

僧侶は基本すぐ死にます

タイガーなんてすぐですよね!

パラディンがいれば守ってもられえばイイ話しですが、パラディンがいない時は・・・



障害物をパラディン代わりにしましょう!

真ん中のフロアには4つの障害物があります

基本コマンドには障害物も考慮して自分から直線上に見える人が表示されます

つまり、いくら近くても障害物の裏だったらコマンドに表示されないんです!

つまり殺されないってコトなんですよ!

え?でも敵が回ってきたら?


自分も回ればイイんです!
常に相手の裏になるよう逃げれば、絶対に殺されません

もし挟み撃ちされるようであれば、中央フロアの周りにある小道で外に逃げ、すぐに障害物の裏に隠れると、相手はコマンドを押して直進してこようとしてますので、障害物に引っかかります

その間にさらに奥へ奥へと逃げればイイのです!

今回は話しませんが、魔法使いの場合はその逃げた直後に覚醒メラゾーマでも打てば完璧です!
それはまた次回のお話しになりますが・・・



それより今回のお話し分かりましたかね!?

話しを纏めると次の様になります
スティック盾信仰心は100
開幕はスクルト×2+天使
回復よりも蘇生優先
敵の前衛から逃げる時は障害物を上手く使う


まぁコロシアムとは言え、僧侶は僧侶ですから人それぞれのやり方があるでしょうし、上で紹介したのもそのうちのドラがやっている1例です

やっていくうちに、いやこっちの方がイイ!という方法もあるでしょうし、またそういう方法を探してみるのも楽しいかもしれませんね!
そういうのを見つけたら是非教えて下さい!!!




コレで・・・イイかな・・・?w
まぁコレはあくまで勝てる方法ですし、コロシアムは勝てばイイ!ってモンじゃないですからね!楽しければイイんです!
その中で勝てればさらに気持ちよくなれるので勝利を目指すんですよね


みなさんもこの方法を一度試して、僧侶で勝った!というさらなる満足感を得て欲しいなと思い、書いたのでした!

内心本職僧侶としての意地もあったケドねw



ポチッとしてネ!

↓にほんブログ村
にほんブログ村 ゲームブログ ドラクエシリーズへ

↓ゲームブログランキング
ドラゴンクエスト10オンライン・攻略ブログ

↓人気ブログランキング


そしてTwitter

フォローありがとう^^ (え
スポンサーサイト
コメント
コメント
私は、スクルト→天使→スクルト、ですね。
2013/11/28(木) 01:36:00 | URL | MTN #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kenjadora.blog.fc2.com/tb.php/382-d03f0bc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック